<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 相続手続において有効期限のある書類 | main | 那智勝浦冬の旅2017 熊野カフェさん >>

那智勝浦冬の旅2017 飛瀧神社

0

    JUGEMテーマ:和歌山

    日光 夏の旅」で御札・御守り返納の旅は終了したと思っていたある日のこと、お仏壇の中からこんな小さな御札が出てきたことから、再び返納の旅に出ることに。

    那智勝浦 飛瀧神社 和歌山 世界遺産 観光

    目的地は、那智 飛瀧神社

     

    兵庫県からアクセスするには中々に「近そうで遠いところ」。

     

    紀伊半島をぐるっと半周しなくてはなりません。距離的にはそれ程でもありませんが、所要時間は車で4時間くらい。

     

    でも、それくらい時間をかけても行く価値は十分にあります。

     

    飛瀧神社は、有名な那智の滝を御神体とする神社で、その造りも御瀧が最も美しく映えるようになっている(と素人目には映ります)。

    那智勝浦 飛瀧神社 和歌山 世界遺産 観光

     

    滝の水量は夏が最も多く、豪快だそうですが、冬には冬の良さがあるように思いました。

     

    那智勝浦 飛瀧神社 和歌山 世界遺産 観光 那智の滝

    衣のように白く儚く、

    糸のように細く真っ直ぐに、

    静かに、虹をまとって、

     

    外国人観光客の1人が思わず、

    OH, GOD!!

     

    と感嘆の声をあげておられましたが、きっと古の人々もこの滝に同じ思いを抱いて、神社としたのでしょうね。

     

    御瀧の眼前まで行けるということで、まずは持って来た御札をお返しして、そのまま御瀧の前までの入場料を支払います。

     

    入場料を支払った私はそこで予想外の展開に衝撃を受けてしまいました。

     

    「ありがとうございます、ではこちら、新しい御札になります。」

     

    と、ものの3秒前にお返しした御札と全く同じ形の新品の御札をいただいてしまいました。

     

    あ、そういうことだったのか。

     

    この御札、入場券代わりでもあったのね、、、

     

    そんなこともありましたが、眼前で眺め、その音を聴き、その水に肌で触れ、そして口にして、全身で那智の滝の神気に触れられる素晴らしい場所でした。

     

    熊野那智大社を訪れた際には、絶対に外せない場所だと思います。

    那智勝浦 飛瀧神社 和歌山 世界遺産 観光 那智の滝

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    その他の那智勝浦冬の旅2017シリーズはこちらから。

    ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると幸いです。
    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
    にほんブログ村

    幸圓事務所 * マニアックな国内旅行記 * 10:35 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ