<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 車とバイク、名義変更しないリスク | main | 日光夏の旅2017 日光東照宮 >>

改葬(墓じまい)に関する手続

0

    さまざま理由でお墓の維持・管理が難しくなったとき、選択肢の一つとしてあがってくるのがいわゆる「墓じまい」(改葬)ではないでしょうか。

     

    墓じまい

     

    今回は、墓じまいする上で取るべき手続を、

    • お墓に納めたご遺体・ご遺骨を取り出し、新たな供養方法を考える
    • 今あるお墓を整理する

    に分けてご紹介します。

    墓じまいの流れ

    墓じまいとは、単に今あるお墓を整理して手放すだけではありません。

    • お墓に納めたご遺体・ご遺骨を取り出し、新たな供養方法を考える
    • 今あるお墓を整理する

    と、大きく2つの点から考える必要があります。

    その2点について、行政上の手続と、それ以外の手続で必要となるものを簡単にご紹介します。

     

    お墓に納めたご遺体・ご遺骨を取り出し、新たな供養方法を考える

    考えられるのは、

    1. 他の埋葬地にお移しする
    2. お手元にて供養する(手元供養)

    大きく分けてどちらかです。

    (1.については永代供養、他のお墓への合祀、散骨等具体的な方法は分かれます)

     

    1.の多くの場合

    現在ご遺体・ご遺骨を納めているお墓がある市町村長からの改葬許可証明書が必要となります。

     

    この改葬許可証明書を受けるためには、

    • 申請書
    • 添付書類

    の提出が必要となります。

     

    申請書の記載事項には、

    1. 死亡者の死亡年月日
    2. 埋葬または火葬の場所および年月日
    3. 改葬の理由および場所
    4. 申請者の住所、氏名、死亡者との続柄および墓地使用者との関係

    などが求められるため、それらの情報の確認と準備が必要です。

     

    添付書類には、

    1. 現在の墓地または納骨堂等の管理者が発行する【埋蔵許可証明書】
    2. 改葬後の新たな墓地または納骨堂等の管理者が発行する【使用許可証】、【受入証明書】などの書類

    が必要とされます。

     

    2.のお手元にて供養する(手元供養)場合

     

    特段の行政上の手続は必要とされていません。

     

    今あるお墓を整理する

    今あるお墓を整理する手続としては、

    • 閉眼供養を行い、ご遺骨の取り出し
    • 墓石の解体撤去工事
    • 墓地、霊園等への区画の返還
    • 改葬先への納骨

    等が必要となります。

     

    これらについては、現在のお墓・霊園の管理者さん、改葬先と相談しながら進められると良いかと思います。

     

    もし、こうした改葬(墓じまい)にかかわる手続きについてお困りごとがあれば、当事務所がサポートさせて頂くことも可能です。

    ぜひお気軽にご相談ください(初回相談無料)。

    ホームページはこちらから

    あまがさきの行政書士 幸圓事務所バナー



    ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると幸いです。
    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
    にほんブログ村

     

     

    幸圓事務所 * 遺言/相続関連 * 23:20 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ