車とバイク、名義変更しないリスク

  • 2017.05.20 Saturday
  • 13:53

車やバイク、売ったり譲渡したりした場合、通常は当事者間で名義変更手続を取ることと思います。

 

じつはこの名義変更、車やバイクを走らせるための要件ではないので、名義変更をしなくても買ったり譲り受けたりした人は(新所有者と言います)そのままその車なりバイクを運転することが可能なのです。

 

ですが、売ったり譲渡したりして手放す側の人(旧所有者と言います)にとっては名義変更をしなければ不都合なことが起こってしまうリスクがあるのです。

 

お役所の側から見れば、たとえ実際にはその車なりバイクの所有者が売買や譲渡で変わっていたとしても、名義変更をしていなければ、お役所の側で登録しているデータ上の名義人がその車なりバイクの持ち主である、という扱いがされてしまうのです。

 

このことから、お役所との関係で旧所有者の方には次のようなリスクが考えられます。

 

  • 自動車税等の納付書が送られる
  • 駐禁等の交通違反反則金納付書が送られる

etc...

 

こういった面倒ごとに巻き込まれてしまうリスクを未然に防ぐためにも、名義変更はお忘れなく。

 

もし、ご自身での名義変更手続がご面倒であれば、当事務所がサポートさせて頂くことも可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

幸圓事務所 自動車登録手続の料金等はこちらから
あまがさきの行政書士 幸圓事務所バナー

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント
コメントする