運転免許証の住所変更手続き

  • 2016.04.01 Friday
  • 21:26
引越しなどで住所が変わった場合、身分証明書としての機能を十分に果たしてもらうためにも、免許更新のお知らせ等を遅滞無く受け取るためにも、運転免許証の住所変更手続きは必要と言えるでしょう。

私も当事務所に自宅兼事務所として引っ越し、住所を移しましたので、この手続きを行いました。とても簡単な手続きなので、私の体験談とともに住所変更の手続方法をご紹介しようと思います。

手続きは最寄りの警察署で

運転免許証の住所変更手続き、正式には「運転免許証記載事項変更届」といいます。大半の方は最寄りの警察署(新居の住所地を管轄する警察署)で行っていただくことになると思います。私も尼崎東警察署さんで行っていただきました。他には、免許更新センター(阪神間では伊丹ですね)などでも可能なようです。

免許証と変更内容が確認できる書類を持参しましょう

手続きには免許証と、変更内容が確認できる書類(新しい住所が確認できるもの)を持参します。 免許証は、裏面に変更内容を新たに記載してもらうため、変更内容が確認できる書類は、私たちの届出が事実であることを証明するために必要です。 住所変更が確認できる書類として提出が認められているものの例としては、
  • 住民票(発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 健康保険証(住所が印字又はペン書きのもの)
  • 電気・ガス・水道料金請求書(発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 郵便物 1通(国又は地方公共団体発行のもので、発行日から6ヶ月以内のもの。国又は地方公共団体以外が発行するものについては2通必要)

などがあります。 私は、市から送られて来たマイナンバーの通知を提出してOKでした。

実際の手続きの流れ

‘禄仆颪防要事項を記載し、上記免許証と変更内容が確認できる書類を併せて提出します。

待つ事、約5〜10分(その時々の込み具合で前後はすると思います)。裏面に新住所が記載された免許証と、提出した変更内容が確認できる書類が返ってきました。

0幣紂完了です。

ちなみに、運転免許証記載事項変更届に費用はかかりません。無料です。

本籍・国籍・氏名が変わった場合も基本はこの流れで

この「運転免許証記載事項変更届」は、住所変更以外にも、本籍地・国籍・氏名等に変更があった場合も基本は同じ流れで手続きをすることができます。

免許証 + 変更内容が確認できる書類

この方程式の「変更内容が確認できる書類」の中身が若干変わってくるだけです。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM